簡単に作れるおもちゃとは?

おもちゃは、おもちゃ屋さんで買うものと思っていませんか?もちろん、おもちゃ屋さんには工夫を凝らした商品がとてもたくさんありますね。クリスマスの前には、子供たちがおもちゃ売り場にごった返しています。しかし、おもちゃは買って遊ぶだけでなく、作って遊ぶことだってできるんです。最初は、手に入れたおもちゃにちょっと手を加えてアレンジしてみては?例えば、キャラクターの一人を子供の顔や名前にしてみる、それだけでもぐっと愛着がわきますよ。

段ボールや空き箱を利用しよう

次の段階は、おもちゃの入っていた空き箱を活用することです。そこには色とりどりの写真が写っていたり、キャラクターがたくさん載っていたりしますよね。それを切って、例えばお面にしたり窓や壁に飾りつけてみたり、あるいはTシャツに貼って遊んでも楽しいですよ。箱の形や厚さを利用して、新しい遊具を作ってみるのもよいでしょう。箱を重ねて家にするのは、秘密基地が大好きな男の子に人気の遊びです。女の子は、人形のおうち、お部屋を作るのも楽しいでしょう。

伝統的なおもちゃはたいてい手作りできる

日本の昔ながらの遊びは、たいてい手作りできるようなものばかりです。例えば、すごろくやかるたなどは代表的ですね。絵合わせなどのパズル系の遊び、塗り絵や迷路は手作りだとぐっと幅も広がります。市販のおもちゃを買い与えるだけでなく、子供と大人が一緒になっておもちゃを作る、そういった時間が子供たちの想像力を養うことでしょう。新しい遊びを考え出し、家族だけでできるゲームができあがったら、それはかけがえのない思い出になるはずです。

おもちゃの買取に関しては、特に希少価値の高い商品として査定を受けるものも中には存在している事から、買取り額がアップする事も期待出来ます。