苗字と合った全体として読みやすい名前にする

子供の命名に向けて、名前だけ集中して考える親がいます。確かに名前は重要ですが、名前だけに視点が向いていると全体としてのバランスを疎かにしてしまいます。バランスを保つ為に重要な事は長さと発音です。苗字に比べて名前が長すぎると古臭い印象を受けやすいので避けた方が無難です。発音に関してはフルネームを家族や友人に読んでもらい、それを聞いておかしな所がないかチェックすると良いです。自分で言うより人の発音を聞いたほうが、客観的に判断できるのでオススメです。

変な意味に取られる名前にしない

子供の名前はたった一つです、そして改名は20歳まで原則不可能です。つまり学生時代のほとんどをその名前ですごす事になります。学校時代を過ごす際、変な名前はイジメの要因になる可能性があります。これを防ぐ為に字面をきちんとする親は多いのですが、意外と盲点になるのが読み方です。同じ名前でも読み方を変えると変な言葉になる事があります。名前をつけるときは、問題が起きないように使う漢字の読み方をきちんと調べ、すべての組み合わせをチェックすることが重要です。

なるべく多くの人がきちんと読める名前にする

最近難読の名前が増えています。難読な名前を付けた親はオリジナリティやオンリーワンを理由にしていますが、子供からしてみたら親の自己満足にしか写りません。実際にその名前を背負って生きていくのは子供です。子供の名前をきちんと命名するのは親の大きな義務です。誰でも読める名前でも、子を思う大切な気持ちは伝わります。響きや字を珍しくするより、名前に意味や気持ちを込めてくれたほうが子供は喜びます。誰の為に名前を付けるのか、難読な名前を付けようとしてる方は一度考えてみてください。

子供が生まれた際に名前をつける際に姓名判断を利用される人が多いと思います。インターネットで名前を入力することでお手軽にできるものもあります。